入党のよびかけ

  • HOME »
  • 入党のよびかけ

あなたの入党を心からよびかけます

 「日本はこのままではいけない」「今の政治を何とかしたい」あなたの願いを生かし、ともに力を合わせて、21世紀の新しい日本をつくるために、日本共産党への入党を心からよびかけます。

 日本共産党は、第23回党大会(2004年1月)で新しい綱領をきめました。

 日本共産党は、日本の社会を「真に平等で自由な人間関係からなる共同社会」に発展させることをめざしています。日本社会の現実から出発し、この社会がどんな発展段階をへて、またどんな道筋に沿って前進するのか、日本共産党は、未来社会の道をどのように切り開いてゆくのかそれを明らかにしたのが日本共産党の綱領です。

 日本共産党は、国民を苦しめ、私たちの願いの実現をさまたげているものを、理性と科学の力で分析し、国民多数の意思、国民多数の共同の力でそれをとりのぞき、階段を一歩一歩のぼるように、段階的に社会進歩をすすめようとしています。

 党の規約は、こうした活動をすすめてゆくための党の自主的ルールです。一般の団体でいえば“会則”にあたるものです。

 このホームページから、新しい綱領規約の全文をご覧いただければ、日本共産党がめざす新しい日本の姿とそこへの道筋、党の組織と活動のあり方を理解していただけると思います。

 国民の真の幸福と自由のため、世界の平和と進歩のため、歴史をつくる生きがいある人生をともにおくろうではありませんか。

日本共産党に入るには

 18歳以上の日本国民で、日本共産党の綱領と規約を認める人は、党員になれます。

あなたも日本共産党員として立派に活動できます
──あなたの生活の条件、得手をいかして

 私たちは、21世紀の早い時期に、日本に民主的な政権を樹立することをめざして活動しています。そのために私たちは、幾百千万の人びととの日常の対話や運動の共同を重視して、たえず努力しています。だからこそ、私たち自身が市民道徳や社会的道義をきちんとまもり、人間的にも日常生活のうえでも、まわりの人たちから信頼が得られることを大切にしています。
 もちろん、日本共産党は、完成された人間の組織ではありません。一人ひとりの党員は、弱点もあれば、悩みもある生身の人間です。それぞれの党員が、社会進歩をめざす志でむすばれ、たがいに助け合い、学びあって活動するなかで、より豊かな人間になりたいと考えています。
 一人ひとりの党員は、仕事や生活状況が異なり、党活動に参加するうえでの条件も違います。得意な分野も人それぞれです。各自が条件と得手を生かして活動できるよう、みんなでよく話し合い、助けあい、協力しあって活動します。

日本共産党員としての活動とは

  • 入党が決まれば、職場、地域、学園などいずれかの支部に所属し、その一員として活動します。
  • 支部は、それぞれの職場、地域、学園などで党を代表して活動します。支部では、まわりの人びとの利益のためにどんな活動をしていくのか、どんな党をつくるのかをみんなで相談し、方針や計画をもち、分担して活動します。
  • 党員はつぎの4つのことを大切にしています(「4つの大切」)。
    ○「しんぶん赤旗」を読む
    ○支部会議に参加する
    ○学習につとめ活動に参加する
    ○党費をきちんと納める

入党のお申し込みは

 入党申込書に必要な事項を記入し、お知り合いの党員2人の推薦をうけ、入党費300円をそえて申し込みます。

 お知り合いの党員がおられない場合は、下記メール相談フォームからご相談ください。

メール相談フォーム

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合わせ内容 (必須)

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか? (必須)
はい

参院選特集 紙智子 はたやま和也 日本共産党 しんぶん赤旗 日本共産党国会議員団北海道事務所 日本共産党北海道議会議員団 日本共産党札幌市議会議員団 日本共産党北海道委員会FaceBook JCP北海道チャンネル 北海道の地方議員 若い広場 JCPサポーター くらしの生活相談
PAGETOP
Copyright © 日本共産党北海道委員会 All Rights Reserved.