日本共産党 北海道委員会 ホームページの見方、使い方

 

ホーム
お知らせ
政策・見解
国民運動
国会議員
選 挙
道 政
地方政治・議員
ほっかい新報

 

   2010年7月  

 

米軍・自衛隊派兵問題

   

労働・雇用問題

   

その他

   

 

 

 

 

矢臼別の米軍実弾訓練/「火災」で開き直り/2団体質問に道防衛局

 

  安保破棄北海道実行委員会と米海兵隊矢臼別演習場移転訓練反対釧根連絡会は26日、北海道防衛局(札幌市)に対し、「在沖縄米海兵隊による矢臼別演習場での沖縄県道104号線越え実弾射撃訓練に関する質問と要請」を行いました。
  「質問と要請」は、5月から6月にかけて米海兵隊が矢臼別演習場で「104号線越え実弾射撃訓練」を強行した際に、7回(防衛局発表は5回)もの火災を起こしたことや、回を重ねるごとに増える演習規模などについて、防衛局側の見解を求めるものです。
  防衛局側の回答で、火災を起こした米軍に対して、消火活動にかかった費用を請求していないどころか、再発防止へ具体的な保障すら求めていないことが明らかになりました。
  質問が集中したのは、沖縄の演習では火災が起こらずに、移転訓練が行われた大分・日出生台と矢臼別で火災が生じた問題でした。
  「(論理的に考えれば)明らかに原因があるはず。10日間で5回も起こっている。隊長が同じだからか」と追及され、防衛局側は「日出生台でも2日に1回、火災を起こしている」と答える始末。
  演習規模の拡大については、当初の約束である「訓練部隊300人強、車両60台」をめぐって、双方で解釈が異なっていることも明らかになりました。
  「(演習場のある)別海町の当時の町長らが議会でそう説明している。苦渋の選択で訓練を受け入れた前提は何だったんだ」と思わず声がもれました。
  釧根連絡会から、「防衛局は、いつも文書で回答しないからこうなる」と指摘があり、改めて「きちんと文書で回答するよう」強く求めました。
  矢臼別演習場の周囲は道内有数の酪農地帯です。口蹄疫(こうていえき)対策で、「海兵隊は防疫しているのか」という質問には、「(そのあと行われた)四国の自衛隊の訓練では防衛対策がなされた」と回答がありましたが、「米海兵隊に対しては、北海道など自治体側が要請しない限り、していない」とあっけらかんと答え、「自衛隊がやっているのに、なぜ米軍はやらないのか」という問いにはまともに答えられませんでした。
  同様の問題で、北海道知事に対しても要請、「移転訓練を拒否するよう」求めました。('10年7月29日付「しんぶん赤旗」掲載記事より)

 

米軍移転・共同訓練やめよ/矢白別演習場近くで集会

 

 

  北海道の米海兵隊矢臼別移転反対釧根連絡会と矢臼別平和委員会は18日、「自衛隊共同訓練反対!・米海兵隊矢臼別移転訓練反対!」を求めて、自衛隊矢臼別演習場近くの国境四差路で抗議集会を行いました。約60人が参加しました。
  国道274号国境四差路地点に集結した参加者は、広大な矢臼別演習場に向かって、「日米安保の撤廃、戦争準備の訓練はいらない」と訴えました。
  日本共産党の石川明美・釧路市議が、国民保護法による市民を巻き込んだ避難訓練の危険な状況を報告。地元農民組合の上出五郎氏は、自らの戦争体験のなかから平和の尊さと日米安保の撤廃を訴えました。
  農民の渡辺清司氏は、「自衛隊はまぎれもなく軍隊だ。矢臼別の豊かな農地と美しい自然を戦争のための軍隊から守りたい」と現地から告発。平和への熱い思いを語りました。
  矢臼別では、切れ目なく定時定点の抗議行動を行っていますが、その間通り過ぎる一般の車には連帯の手を振り、自衛隊や米軍には抗議のこぶしを振っています。この日も、連帯の手を振ると、多くのドライバーが車中から手を振ってこたえる姿も見られました。('10年7月21日付「しんぶん赤旗」掲載記事より)

 

自衛隊に抗した故川瀬氏の石碑を除幕

 

  北海道の矢臼別演習場のどまん中で川瀬牧場を営み、自衛隊の大規模な「転地演習」に抗して、昨年4月に、たたかい半ばで倒れた川瀬氾二さんの石碑が同地に完成し、18日、除幕式が行われました。
  石碑には、川瀬さんの生きざまを表現した「時速四キロの人生」と銘打たれ、先に他界した妻の普美子さんの碑と並んで建てられています。
  集まった50人ほどの関係者を前に、川瀬さんの生き方に共鳴し、矢臼別の住人となって、川瀬さんの遺志を守り続けている浦船三郎さんと渡辺佐知子さんによって除幕が行われ、碑の建立をした川瀬さんの娘の関畑三九子さんがあいさつをしました。
  関畑さんは、「父の遺書に反し碑を建てた言い訳から話したい」と述べ、川瀬さんが生前、書き遺した「墓石碑など建てたり…形にして残すことはしないでください…」に背いてなぜ碑を建てたのか釈明。「いつか何かの形にしたいと思いつつ1年がたってしまった」「『時速四キロの人生』は父の自筆を彫った。いや〜これ、おれが書いたんだよな、と照れている絵もある」と碑に込めた思いを切々と語り、感謝の言葉を述べました。
  参加者から野花の献花が行われたあと、「矢臼別のつどい」が開かれ、この間の米海兵隊の演習、四国の第14旅団による転地演習など平和と安保をめくる話し合いが行われました。('10年7月21日付「しんぶん赤旗」掲載記事より)

 

 

 

寒冷地手当改善せよ/札幌で7・13総決起集会「命にかかわる」

 

 

  「誰もが暖かい冬を迎えるために、公務員も民間も、正規も非正規も共にたたかおう」と「寒冷地手当改善を7・13総決起集会」が13日、札幌市で開かれました。
札幌地区労連・ローカルユニオン「結」、自交総連北海道地連、全印総連札幌地連、北海道公務共闘、北海道国公が呼びかけたもので、150人の労働者が参加しました。
北海道公務共闘の櫻井幹二議長(北海道高教組委員長)が「越冬の手当を求めるのは、命にかかわる要求です。共闘を発展させましょう」と主催者あいさつをしました。
各組合から次々と決意表明がありました。保育士の女性は「臨時職員のため、寒冷地手当が支給されない冬は、灯油を節約してスキーウェアで過ごした」と報告。医療現場で働く公務員の男性は、「みんなの党のような『公務員削減で社会が良くなる』という、まやかしの宣伝に負けないで運動を進めよう」と訴えました。
集会に先立ち、300人の労働者が「寒冷地手当の改善を行え」「行政サービスの切り捨てを許すな」と市内をデモ行進。道庁前では「高橋(はるみ)知事は日本一の賃金削減をやめろ」と唱和しました。
集会が採択した「寒冷地宇当の改善を求める要請書」は14日、人事院北海道事務局に提出されました。('10年7月15日付「しんぶん赤旗」掲載記事より)

 

 

 

戦争も核兵器もノー/札幌で平和美術・写真展

 

 戦争はいやだ、核兵器はいらない=|。戦争で表現の自由が再び奪われることのないよう、平和を願う人たちによる「2010北海道平和美術展」(同実行委員会主催)が28日、札幌市の市民ギャラリーで始まりました。8月1日まで。(写真)
  油絵や水彩、書、版画、彫刻ほか15部門に126人から310点が展示され、「見ごたえ十分でした」の感想が聞かれました。
  油絵「わたしが8歳のとき」は、爆撃機B29が飛び、ヒマワリ畑に立つ防空ずきん姿の弟と自分を描いた30号の力作です。出品した深川市の73歳の女性は、「旭川での空襲を思い出しながら20時間ぐらいかかりました」といいます。
  そのほかに油絵「追想(帰還)」(白老町)やタペストリー「辺野古を想い続ける」(札幌市)、彫刻「片足を組む女」(沙流郡)、園児7人による版画「雨ふりさんぽ」(深川市・多度志保育園)など、道内名地から出品がありました。
  アイヌ文化伝承の会の作品が初めて出品され、紙智子参院議員の水彩「水芭蕉」、元衆院議員の児玉健次さんの写真「南京」なども展示されています。('10年7月31日付「しんぶん赤旗」掲載記事より)

 

函館本線の経営分離/地域の足 奪いな/住民の会 JRと道庁に要望

 

 

  JR函館本線の存続を求める住民の会(野呂栄会長)は28日、JR北海道本社(札幌市)を訪ね、函館本線の存続を求めて要望書を手渡しました。
  JR北海道は、新幹線を札幌まで走らせ、函館・小樽間の在来線をJRから切り離すと表明しています。
  国は「JRに過重な負担となる場合は、沿線自治体の同意を得たうえで、並行在来線を経営分離できる」との考えを示しています。
  沿線の住民には「経営分離されたら、路線の維持は困難。地域の足が奪われる」と不安が広がっています。
  住民の会は、小樽市、余市町、仁木町などの自治体関係者や住民が「函館本線存続」の一点で結集し、5月29日に発足したもので、要請には地方議員や元議員、住民ら15人が参加しました。
  要請の中で住民の会代表が「JRの『過重な負担』はどのくらいか」と質問。JR側は「試算はしていない」と答え、参加者から「話にならない」と憤りの声が上がりました。
  JR北海道への要請の後、住民の会の代表らは北海道庁を訪ね、「JRが路線の経営を継続するよう必要な措置を取り、地域経済への影響など情報を開示すること」を申し入れました。
  ニセコ町の片岡文昭さんは「ニセコ高校には、黒松内町や赤井川村の生徒が大勢いる。冬はJRで通うしかない。存続は地域にとって死活問題だ」と訴えました。
  同席した日本共産党の花岡ユリ子道議は「JR北海道は国の独立行政法人が株式100%を有し、経営安定基金による支援を受けている会社です。道は情報を開示させ、議論を進めるべきです」と語りました。('10年7月30日付「しんぶん赤旗」掲載記事より)

 

平取ダム建設やめよ/国交相に沙流川の治水提言/道脱ダムの会

 

  北海道内の三つのダムについて検証を進めている「北海道脱ダムをめざす会」は14日、「沙流(さる)川の治水に関する検証結果と提言」を、前原誠司国土交通大臣と「治水のあり方に関する有識者会議」に送付したと記者発表しました。
  「脱ダムをめざす会」の佐々木克之氏(道自然保護協会副会長)は沙流川のダム建設について、「すでに完成している二風谷(にぶたに)ダムは、堆(たい)砂が進行して洪水調整機能が年々減少して放置できない状態である。より多くの堆砂が予想される上流の平取(びらとり)ダムは建設すべきでない」と提言の内容を紹介しました。
  有識者会議が13日にまとめた提言について佐々木氏は、「私たちの提言が取り入れられた部分もある」と述べ、今後も独自に3ダムの検証作業を続けていくことを強調しました。
  「脱ダムをめざす会」は北海道自然保護協会など自然保護団体や住民団体で構成し、サンルダム(下川町)、平取ダム(平取町)、当別ダム(当別町)の三つのダムの利水、治水、事業内容適正化、経済効果などについて、専門家を交えた「3ダム検討会」を開いています。
  沙流川には二風谷ダムがすでに完成し、上流の沙流川水系額平川には、建設が凍結中の平取ダムが計画されています。
  「脱ダムをめきす会」の提言は、5月に開いた第2回検討会の内容をまとめたもの。「3ダム検討会」は8月1日に3回目を開催し、サンルダムと当別ダムの治水問題について論議します。('10年7月16日付「しんぶん赤旗」掲載記事より)