日本共産党 北海道委員会 ホームページの見方、使い方

 

ホーム お知らせ 政策・見解 国民運動 国会議員 選挙 道政

 

   
 

「日本共産党に入ろう」のページはこちら

 

  「国民が主人公」の日本へ。社会を前向きに動かす一員として、日本共産党への入党をよびかけます。


  あなたはいま、どんな夢や願いをもっていますか?明るい未来が見えていますか?
  「給料は安いし、仕事がきつい。将来に希望が持てない」「結婚したいけど経済的に自立できない」「高い学費のために毎日バイト。疲れて授業に集中できない」「戦争は絶対に嫌。憲法9条を守りたい」「地球環境の未来はどうなるのか」
  私たちはたくさんの青年から“悲鳴”の声を聞いてきました。「自分らしく生きたい」「家族と幸せに暮らしたい」「平和な社会をつくりたい」。こんなあたりまえの願いすら実現できない現状があるのではないでしょうか。
 

    人間らしく生きられる日本へ!「弱肉強食」の競争で人間関係を「分断」する政治・社会を変えよう

 

  一人ひとりの努力が足りないのでしょうか?いいえ、そうではありません。自民党政治が財界のあと押しを受けて、働く人や国民を守る社会のルールを取り払い、大企業のもうけのためなら「何でもあり」という弱肉強食の社会をつくっているのです。そのために、働く人がモノのように扱われ、派遣や請負、パートやアルバイトなどの不安定な雇用が増え、低賃金になっています。社会保障や教育の切り捨てもこの国づくりに原因があります。仕事や生活、生きることの苦しみは、個人の責任ではなく、政治に原因があります。日本共産党は、みんなで力を合わせて自民党政治を変え、社会を変えることをよびかけます。
 

    21世紀は「戦争のない世界」をつくれる時代――「国連憲章にもとづく平和の国際秩序」で世界の流れをすすめよう

 

  平和の問題では、「戦争のない世界」をめざす憲法9条を変える動きが急速にすすんでいます。アメリカは今、先制攻撃の戦争をたたかうための「米軍再編」をおこない、「日米同盟」を地球規模に拡大・強化しようとしています。アメリカが引きおこす戦争に参戦するために、自衛隊を「戦争のできる軍隊」に変え、日本を「戦争をする国」につくりかえる――これが憲法9条を変えるねらいです。首相の靖国神社参拝など過去の侵略戦争を正当化する政治は、アジアの国々との友好関係を壊し、世界から孤立しています。20世紀の2つの大戦を経て国際連合が設立され、「戦争の違法化」が確認されました。世界の流れは「国連憲章にもとづく平和の国際秩序」であり、アメリカによる「干渉と侵略、戦争と抑圧」に未来はありません。
 

    「国民が主役」になる独立・民主・平和の日本へ――「日本改革の提案」

 

  日本共産党は、自民党政治と対決し、国民の立場でがんばる「たしかな野党」として活動するとともに、自民党政治の「3つの異常」(@過去の侵略戦争の正当化、Aアメリカいいなり、B極端な大企業中心主義)をあらため、21世紀の早い時期に国民とともに「国民が主人公」の民主的な連合政権をつくることをめざしています。

 

日米安保条約を廃棄して、アメリカ従属の状態をあらため、平和・中立・非同盟の国となり、平和外交を展開する

 

現行憲法の全条項をまもり、国民主権・民主主義を各分野で徹底させる

 

経済面では、財界中心の政治から国民中心の政治に転換し、国民の生活と権利にかかわるルールが確立していない現状を打破して、「ルールある経済社会」をつくる

 

    「企業のもうけ」から「人間」が主人公になる社会へ――未来社会への展望

 

  日本共産党は、社会進歩を一歩一歩すすめる政党です。日本社会をゆがめ、国民を苦しめている原因を分析し、国民多数の合意と共同の力で「国民が主人公」の日本へ変革することをめざしています。そして将来は、失業や貧富の格差、環境破壊など、「利潤第一」の資本主義の矛盾を乗り越え、真に平等で自由な人間関係からなる社会主義・共産主義の社会にすすむことを展望しています。
  21世紀の世界は、資本主義を乗り越えて新しい社会をめざす流れが成長しています。発達した資本主義国では経済的・政治的矛盾を乗り越える国民的運動が強まっています。中国など資本主義を離脱した国ぐには社会主義の独自の道を探求し、活力ある経済社会をつくっています。アジア・中東・アフリカ・ラテンアメリカの国々は政治的独立をかちとり、新しい社会をめざしています。これらの流れが影響し合って、人類にとって新しい画期的な世紀になることでしょう。

 

    国民の利益を守る18人の国会議員、3,400人の地方議員(第1党)、7人の党員市長・町長――現実政治を動かす日本共産党

 

  日本共産党は、「社会をよくしたい」と願う人は誰でも歓迎しています。日本共産党の目標と方針を明らかにした「綱領」と、活動のルールを決めた「規約」を認める人は誰でも党員になることができます。40万人の党員が全国の職場・地域・学園にある支部で、支部会議に参加する、党費を毎月納める、「しんぶん赤旗」を読む、ことを基本に活動しています。青年・学生の党員は、あたたかい仲間づくりを大切に、学び成長することを目標にしています。
自らの夢や幸せと重ねて、人々の幸せ、社会進歩をすすめるために、私たちと一緒に力を合わせませんか。あなたの個性や能力を生かして、できるところから参加されることを願っています。
  未来は青年のものです。日本の未来をきり開く確かな進路をしめしている未来の党・日本共産党への入党を、心からよびかけます。